マグネシウムの疾病への有効性について。

マグネシウム情報に戻る。

ミネラルの王様「マグネシウム」には、下記のような有効性が言われています。

↓詳しくはこちら↓

・軽症〜中等症の高血圧の治療に経口摂取で有効性が示唆されている。

・冠状動脈疾患を持つ人における狭心症発作の低減に経口摂取で有効性が示唆されている。

・高コレステロール血症に経口摂取で有効性が示唆されている。

・脳卒中の予防に、食事からの摂取で有効性が示唆されている。
男性において食事からのマグネシウム摂取量を増加させることは脳卒中のリスクを減少させる可能性がある。

・便秘時および手術や検査前の下剤として経口摂取で有効である。

・胃酸過多、胃食道逆流疾患(GERD)の症状緩和(胃酸中和)を目的として経口摂取で有効である。

・月経前症候群(PMS)の緩和に経口摂取で有効性が示唆されている。

・腎結石の再発防止に経口摂取で有効性が示唆されている。

・偏頭痛の予防と月経前症状としての片頭痛に経口摂取で有効性が示唆されている。

・妊娠中のこむらがえりに経口摂取で有効性が示唆されている。

((独)国立健康・栄養研究所より一部抜粋)

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.