ゼラチンもコラーゲン。

コラーゲン情報に戻る。

ゼラチンは、ゼリーやお菓子作りに使われる材料として身近な存在ですが、元はコラーゲンなのです。

動物の体を構成するタンパク質の1種 「コラーゲン」は 、そのままでは水に溶けませんが、長時間、水と加熱すると、ある温度を境に、水に溶けるようになります。
そしてこれがゼラチンと呼ばれているものの正体なのです。

ゼラチンは、食べ物以外にも私たちの生活に関わっており、接着剤や写真フィルム、墨や石鹸原料、人工皮革や潤滑油などにも使用されています。

また食卓でもゼラチンは見ることができます。
煮魚料理が冷めた時に、煮汁がゼリー状になりますが、これもコラーゲンが溶け出したためであり、ゼラチンなのです。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.