美肌を作るコラーゲンの効果。

美肌を作り、健康を保つ「コラーゲン」に関する情報などを紹介しています。

コラーゲンは、動物の皮や腱、軟骨などの食品に含まれている栄養素で、ハリのある美しい肌を作る効果を持つことから、サプリメントだけではなく、化粧品にもよく含まれています。

コラーゲンとは、ラテン語の「ニカワを作るもと」という意味からきています。
コラーゲンは古くから私たちの身近で利用されており、現在でもソーセージの皮や写真フィルムなどに利用されています。

コラーゲンの基礎知識

コラーゲンの代表的なすばらしい効果を下記に紹介します。

1)ハリのある肌を作ります。
真皮の約70%を占めているコラーゲンは、真皮中で互いに橋を架け合い、肌のハリを生み出しています。
表皮のターンオーバーを活性化する効果がありますので、美しい肌作りには欠かせません。

2)関節を守ります。
関節を保護している軟骨にもラーゲンは含まれており、関節にかかる衝撃を吸収する役割を担っています。
また、関節の動きを支えている筋肉の膜や腱にも含まれていますので、関節の健康を保つためにも欠かせません。

3)骨粗鬆症を予防します。
丈夫な骨を作るには、カルシウムをはじめ他の数種の栄養素の働きが必要ですが、コンドロイチンもその内の1つです。
骨は、コラーゲンにカルシウムなどの無機物質が沈着してできており、その際に糊付けする役割を持っているのがコンドロイチンです。

4)動脈硬化を予防します。
コンドロイチンは、血液中のコレステロールが増加するのを抑え、血管壁にコレステロールが沈着するのを防ぐ効果がありますので、動脈硬化などの予防に役立ちます。

■コラーゲンには種類があります。
ドリンクやサプリメントで多くの人がコラーゲンを摂取していますが、使用される原料には、牛や豚等の動物性コラーゲンと、魚のウロコや皮から抽出したフィッシュコラーゲンに分けられています。

コラーゲンに関するニュースやコラム。

Copyright (C)「 ビタミンナビ」All rights reserved.