パントテン酸に関する情報。

「ビタミンB5」と呼ばれパントテン酸に関するニュースや臨床データなどを紹介しています。

最近では、にきび肌やアトピー性皮膚炎を改善するビタミンとして注目されていますが、美しい肌や髪を作るためにも重要な栄養素です。

ここでは、代表的な効果の解説から、ニュースや臨床情報などの情報を掲載していきますので、参考にしてください。

パントテン酸の基礎知識。

不足すると、成長停止や免疫力の低下、副腎機能の低下、手足のしびれや疲労、皮膚炎や脱毛などを引き起こすと言われていますので、上手に摂取することが大切です。

それでは、下記にパントテン酸代表的な効果を紹介します。

1)ニキビの予防や改善に大切です。
脂肪酸の代謝に最も重要な補酵素である「コエンザイムA」の主要構成物質であるパントテン酸は、ニキビの原因の1つである脂肪酸を分解し、ニキビの予防や改善に役立ちます。
また、ストレスの緩和に役立つことから、ストレス性のニキビに対しても、効果的だと言われています。

2)ストレスの緩和に大事です。
ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの分泌を促し、緩和に役立ちます。
パントテン酸が不足すると分泌量が減少し、ストレスが緩和されずに溜まってしまいます。

3)皮膚や粘膜、髪を正常に保ちます。
パントテン酸は、皮膚や粘膜を正常に保つのために欠かせない栄養素で、 不足すると、口内炎や肌荒れなどが起こりやすくなります。
また、新陳代謝の促進やコラーゲンの生成に欠かせないパントテン酸は、髪のダメージの改善や抜毛・薄毛の予防に役立ちます。

4)生活習慣病の予防に役立ちます。
脂肪や炭水化物などのエネルギー代謝を促進し、脂肪を溜まりにくくします。
また、パントテン酸には、善玉コレステロール(HDL)の生成を促す働きがあります。

パントテン酸関連のニュースやコラム。

Copyright (C)「 ビタミンナビ」All rights reserved.