ヒアルロン酸注射の危険性。

ヒアルロン酸の効果に戻る。

最近は、しわなどを除去しようとヒアルロン酸を自己注射される方がいらっしゃるようです。もちろん、ちゃんとした医師に施術してもらった方が良いのですが、費用が高価なことなどから安易に自分でしてしまうようです。

危険性もあるようですので安易な行為は慎みましょう。

↓詳しくはこちら↓(毎日新聞 2009/1/11)

インターネットで購入したヒアルロン酸を、自分で顔などに注射する行為が広がっている。
10日、東京都内で開かれた日本美容外科学会で、日本医科大の百束比古(ひゃくそくひこ)教授(形成外科)らが自己注射による後遺症例を報告し、「素人は絶対にやめるべきだ」と呼び掛けた。

神奈川県内の女性(36)は04年春ごろ、美容クリニックでこの注射を受け、口の両脇のしわに注入して約8万円払った。
その後、費用がかさむため、ネットの掲示板で話題になっていた自己注射に興味を持った。 クリニックで使用していたものと同じメーカーのヒアルロン酸を、香港の輸入代行業者を通して1個約2万円で2個購入。 備え付けの注射器を使い、掲示板の体験談などを基に07年12月、自分のほおや目の下に注射した。

「失敗しても半年で元に戻る」と考えていたが、2、3カ月後、注射した部分の一部が膨らみ、しこりになった。 クリニックでヒアルロン酸を分解する注射を打ったがしこりはなくならず、皮下にひきつれが起きる「異物肉芽腫症」と診断された。 完全に元に戻すことは難しく、女性は「すごく後悔している」と話す。

注射に使うヒアルロン酸を輸入する際には薬事法の規制を受ける。 しかし、厚生労働省によると、個人が少量を自分で利用する場合は所定の手続きを経ずに入手できるという。



皆さんも十分に注意してください。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.