ビタミンB群の効果

糖質や脂質、タンパク質を代謝するときの要として活躍しながら、神経や精神にも働くなど、実に多くの効果を持っています。
美容やダイエットでも役立つことから、ビタミンB群はサプリメントでも人気の栄養素です。

以下より、8種類あるビタミンB群の効果などを解説しますので、是非参考にしてください。

ビタミンB1

日本人に最も大切なビタミンとの呼び声もあります。ビタミンB1はお米やパンに含まれている炭水化物(糖質)をしっかりと燃焼させてエネルギーにするときに重要となります。
又、疲労物質である乳酸を分解する働きがあるとされており、肩こりなどにも効果を発揮する事が言われています。

ビタミンB2

髪の毛や爪、皮膚や筋肉など、人間の体は絶えず新陳代謝を行っています。ビタミンB2は、脂質、タンパク質、糖質の分解に関与していることから、新陳代謝において重要な役割を担っています。不足すると、疲れ易くなったり、成長障害を引き起こしますが、逆に十分に体内にビタミンB2が存在すると、代謝を促してくれることから、ダイエットに有効だといわれています。

ビタミンB6

つわりや月経前症候群など女性特有のつらい症状を緩和してくれる効果を持つビタミンB6は、まぐろやにんにくなどの食べ物に多く含まれています。 たんぱく質や脂質の分解を助ける働きもあるので、余分な脂質が原因であるにきびの予防などの効果もあります。脳の伝達物質とも関係しているので、精神安定や、脳の健康にも役立ちます。

ビタミンB12

タンパク質の合成や、糖質、脂肪、アミノ酸などの代謝、神経痛の緩和、精神の安定など、多岐に渡る働きを見せるビタミンです。また、核酸の生合成に関与していることから、すべての細胞の健康を維持するためには必要不可欠な栄養素です。
赤血球のDNA合成に必要な補酵素の働きをみせることから、赤血球の形成に欠かせません。このため、ビタミンB12が不足すると、悪性貧血を招く恐れがあります。

ビタミンB群関連のニュースやコラム。

Copyright (C)「 ビタミンナビ」All rights reserved.