核酸の効果

白子などの食品に多く含まれている核酸は、癌の予防や花粉症の改善を行う効果があることで注目を集めています。
核酸は、DNAとRNAの2種類があります。

【DNAの役割】新しい細胞を作るときの設計図となります。
【RNAの役割】DNAの情報に基づいて、アミノ酸等から細胞を作る大工さんとなります。

核酸の基礎知識

あまり聞き覚えのない名前ですが、実は、とても身近な栄養素です。
それは、核酸は赤ちゃん用の粉ミルクの成分には、ほぼ必ずといっても良いほど含有されているからです。

何故、粉ミルクに含有されているかは、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患を予防したり、免疫力を強化することで、風邪を予防するなど、生まれたばかりの赤ちゃんには必ず摂っておきたい栄養素だからです。
こういった効果は、大人でも期待できます。
その他にも核酸はいろいろな効果が期待できますので、 以下に、一般的に言われている効能を記載しますのでご確認下さい。

1)癌の予防
まだ確たる臨床結果はないのですが、各種の研究の結果、核酸が癌の発生原因となる活性酸素を除去し、免疫力も高め、傷ついた遺伝子を修復する事から、癌の予防として期待されています。

2)アトピーや花粉症の予防
アトピー性皮膚炎や花粉症の原因となるヒスタミンなどの物質が作られるのを抑制する働きがあるとされています。

3)美しい肌へ
お肌は、絶えず、新しい肌へと生まれ変わっています。
核酸は、肌の生まれ変わりの際に起こる細胞分裂の際に必須で、しっかりと摂取することで健康で美しい肌が生まれます。

4)貧血を予防します。
貧血と聞くと、鉄分を想像するかもしれませんが、核酸も血液を造るためには必須です。
血液成分の赤血球や白血球などの産出に必要不可欠ですので、貧血を予防・改善させることが報告されています。

核酸関連のニュースやコラム。

Copyright (C)「 ビタミンナビ」All rights reserved.