うつ症状にも葉酸が効果的!秘めたるビタミン。

葉酸情報に戻る。

野菜や果物などに含まれる葉酸の摂取量が少ないほど、うつ症状の人が多い傾向にあることを国立国際医療センター研究所部長らが調査で見つけています。

調査内容は、過去1カ月間に食べたものを詳しく聞き、各栄養成分の摂取量を算出し、同時に別の質問でうつ症状があるかどうかを調べ、摂取した各栄養素との関連を探ったものです。

結果、葉酸の摂取が少ない人ほどうつ症状の割合が高く、摂取が多い人では、少ない人よりうつ症状が半減していたとこにより、葉酸そのものがうつ症状を減らしている可能性が高いという発見につながりました。

※うつ病とは?
気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安、不眠症などを特徴とする精神疾患で「心の風邪」とも呼ばれる病気です。
原因としては、ストレスなどによって、脳の中で意欲や活力などを伝達する働きをしているセロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなり、それによってうつ病が起こるといわれています。
うつ病の知識が広まってきたとはいえ、軽いうつに悩む人たちは普通に見えるために「単なる甘えだ」と誤解されたり、本人が病気と気がつかず、適切な治療を受けないでいたりする場合も少なくないようです。

下記のような方がうつになりやすいと言われています。
1)まじめで仕事熱心な方
2)完全主義で几帳面な方
3)仕事や家事を人任せにできない方
4)融通がきかない方
5)他人にどう見られているか非常に気になる方

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.