うつや不眠予防の改善に役立つアミノ酸!

アミノ酸情報に戻る。

体の主成分であるアミノ酸は、精神安定、うつや不眠の予防改善に役立つそうです。

必須アミノ酸のうち、「トリプトファン」と呼ばれるものが、主に働きます。

↓トリプトファンの主な働き↓

牛乳をなどの乳製品や、大豆製品、バナナなど、いろいろな食材のたんぱく質に含まれています。
代表的な働きとしては、精神安定や睡眠、鎮痛などの作用をもった神経伝達物質である「セロトニン」の材料となることです。
この材料であるトリプトファンは、精神を安定させ、うつや不眠などを改善・予防することに役立つと言われています。
また、集中力の向上や緊張緩和にも役立つと言われているので、スピーチの前などには摂取を心がけたいですね。

関連記事↓ 【細胞の「輸送体」仕組み解明=精神疾患の治療薬開発に期待−京大など  〔時事通信〕】

細胞とその外部を隔てる細胞膜に存在し、アミノ酸などを細胞内に取り入れる「輸送体」と呼ばれるたんぱく質のメカニズムを、京都大大学院医学研究科の岩田想教授らの研究グループが解明した。細胞内へ神経伝達物質を取り込む機能に変調を来す精神疾患の治療薬開発などにつながることが期待される。研究成果は17日、米科学誌サイエンス電子版に発表された。 

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.