カテキンの抗がん作用増強に京大が成功  

カテキン情報に戻る。

カテキンの抗がん作用は以前から知られています。多数の研究や、臨床データ、報告でその有効性は確認されています。
京都大の松村和明(まつむら・かずあき)特任助教らが、その抗がん効果を一段と高める事に成功しているようです。
これからの研究にも期待がかかります。

研究がさらにすすみ、さらに多くの臨床データを積み重ね、人に対しての安全性や、有効性への信頼性が高まれば、がんの治療薬として、カテキンが登場する日があるかもしれません。


↓詳しくはこちら↓

緑茶に含まれるカテキン成分を酵素の力で安定化し、がん細胞の増殖を抑える作用を強めることに成功したと、京都大の松村和明(まつむら・かずあき)特任助教らのチームが26日、発表した。

カテキン成分に抗がんや抗ウイルス作用があるのは知られているが、化学的に不安定なため体内で分解されやすく、医薬品としての応用に課題があった。

正常な細胞に対する毒性がほとんどないのも確認。松村特任助教は「将来はカテキンを使って副作用が少ない抗がん剤ができるかもしれない」と話している。

チームは、カテキンの主成分に酵素を使って脂肪酸をくっつけると、分解されにくく細胞内に取り込まれやすい構造になることを発見。がん細胞を移植したマウ スにカテキン成分を投与して1カ月間観察すると、投与しない場合に比べ、がん組織の大きさが10分の1程度に抑えられるのを確かめた。(共同通信社 2008.11.27)


カテキンなどのポリフェノールはまだまだ研究が浅く、解明されていない事もたくさんあります。今現在の効果でも、カテキンの人への有効性はすばらしいものがありますが、今後も研究を積み重ね、より、解明を深めて言って欲しいものです。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.