ミネラル不足の現代人のための超ミネラル水。

ミネラル情報に戻る。

超ミネラル水とは、長い間深海に埋まっていたミネラルの非常に豊富な岩石である花崗岩から特殊製法により抽出された、多種類の金属元素(ミネラル)を液状に抽出したミネラル水溶液です。
地球上には約100種類のミネラルが存在すると言われていますが、その内の重要なミネラル約20種類が含まれています。
(※ミネラルの含有量及び種類については、各販売元のサイトをご確認下さい。)

特徴は、特殊製法により、水分子を小型化し、体内で吸収されやすいようになっていることです。
水分子はクラスターと呼ばれ、水分子の単位として使用されていますが、この値が小さい程、良い水であると言われています。

超ミネラル水は、体内にミネラルがより吸収されやすいように、特殊製法により水分子を小型化しています。
水はいくつかの水分子が水素結合によって結びついた構造になっおり、このような水分子の塊を「クラスター」と言います。
クラスターは水分子の単位として使います。 クラスターが小さい水は、細胞組織に浸透しやすいので、より新陳代謝を促す働きがあると考えられており、良い水であると一般的に言われるようになったのです。

超ミネラル水には「硫酸基」と呼ばれるもう一つ重要な成分が溶け込んでいます。
硫酸基は劇薬で有名な硫酸の元となっている成分ですが、単体で存在する時は全く無害です。
この硫酸基という成分は私たちの胃にも粘膜の重要な成分として存在しています。
つまり、胃の粘膜となじみやすいという特徴を持っているのです。

このように、超ミネラル水やサプリメントなどにより、手軽にミネラルが摂取できるようになってきましたが、過剰摂取は重大な健康被害を引き起こすこともありますので、適量を摂取することが大事ですよ。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.