グルコサミンの生理作用について。

グルコサミン情報に戻る。

グルコサミンは、構造的にグルコース(ブドウ糖)とグルタミン(たんぱく質の成分の1つ)からできています。

グルコサミンは、プロテオグリカンの構成材料であるだけではなく、軟骨を作っている細胞を刺激して、構成成分の分解や合成を調整し、軟骨の退化や骨粗鬆症を防ぐ役割を持っています。

つまり、グルコサミンは常に軟骨を新しく作り替えるように作用するのです。
また、コンドロイチンの原料でもあります。

軟骨がすり減ると、その表面の成分が摩耗物質となり関節の中に散らばり、関節の内側のこつ滑膜を刺激します。
この摩耗物質を取り除こうと滑膜は分解酵素を出すのですが、この分解酵素は滑膜にも刺激を与えるため、痛みが生じ、熱を持ったり水がたまるなどの炎症を引き起こす原因となります。

さらに、この分解酵素は正常な軟骨まで分解しようと働きかけますので、この悪循環が変形性関節症を慢性化させ、いっそう症状を悪くさせるのです。

これに対して、グルコサミンは多くの患者の悩みを解放し、高い評価を得てきました。
また、ラットの急性毒性試験や微生物での変異原性試験で、安全なことが確認されています。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.