コンドロチンとグルコサミンの関係について。

グルコサミン情報に戻る。

変形性関節症に冒されると、軟骨気質には明らかな異変が起こります。
軟骨の成分バランスが崩れてしまうと同時に、軟骨を分解する酵素が活発になり、手当たり次第に軟骨を破壊していくのです。

このように二重に問題が生じている場合には、二重の対処が必要となります。
そこで、グルコサミンとコンドロイチンの出番です。

一方は、新しい軟骨の形成を促し、他方は軟骨分解酵素の働きをコントロールします。
つまり、グルコサミンとコンドロイチンは協力市し合って、細胞レベルで病気を治していくのです。
他の治療法は、痛みや炎症への一時的な対処に過ぎず、体の自然治癒を助けるものではありません。

このように、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することで、効果が飛躍的に向上することはすでに明らかになっており、軟骨が完全再生されたとの臨床結果がいくつも発表されています。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.