コエンザイムQ10サプリの「産みの親」は日本の企業!

コエンザイムQ10情報に戻る。

話題の栄養素「コエンザイムQ10」は1957年にアメリカのクレーン博士らはにより発見されましたが、世界で初めての製造法を確立した(大量生産する技術)のは、発見したアメリカではなく、1967年に日清製粉株式会社(現:日清ファルマ)なのです。

↓詳しくはこちら↓

今やサプリメント利用者のみならず、一般的にも浸透しつつある、人気の成分“コエンザイムQ10(CoQ10)”。

実はこの“コエンザイムQ10(CoQ10)”、1957年にアメリカで発見されました。その後、世界で初めての製造法を確立した(大量生産する技術)のは、発見したアメリカではなく、1967年に日清製粉株式会社(現:日清ファルマ)だったのです!しかし、その後のアメリカのように一般的に普及したかといえばそうではなく、日本では医療用医薬品(心臓病の治療薬)としての利用にとどまっていたのが現状でした。

それから徐々にアメリカを始めとした国々の間で、サプリメントとしての存在価値が高まり、また医薬品としても主な副作用がみられなかった点が認められ、2001年、ようやく故郷の日本でのサプリメントとしての認可が下りたのです。そして3年前から多くのメーカーが一気に商品化したことでいっぺんに知れ渡ったコエンザイムQ10(CoQ10)。以前、アメリカみやげなどでコエンザイムQ10(CoQ10)を買ったことがあるあなた、このサプリ、実は日本産まれのサプリだったんです。これって知る人ぞ知る、ちょっと驚きの事実です!

(All About>健康・医療>サプリメント・健康食品2004/7/20より)

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.