アスタキサンチンはカロテノイドの1種。

アスタキサンチンの情報に戻る。

カロテノイド とは、天然に存在する色素のことを指し、化学式C40H56の基本構造を持つ化合物の誘導体をいい、カロチノイドとも呼ばれています。

カロテノイドは、黄色-橙色-赤色を呈していおり、脂溶性である為、食品から摂取する際は、脂肪と同時に摂ると効率的とされています。
動物は体内でアスタキサンチンを生成することはできず、食品から摂取することが必要となりますが、他のカロテノイドと違ってアスタキサンチンは海由来の食品にしか含まれていません。

現在までに約700種類のカロテノイドが見つかっており、その中で、最初に健康効果が示されたのが、「β-カロテン」です。
実は、アスタキサンチンもカロテロイドの1種で、 β-カロテンなどに比べて、より強力な抗酸化効果を持、β-カロテンと同様にプロビタミンA活性の働きもありので「スーパーカロテノイド」として注目を集めています。

アスタキサンチンの他には、トマトに多く含まれるリコピンや卵黄に多く含まれるルテインなどもカロテノイドの1種です。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.