アスタキサンチンに関する情報。

こちらでは、最近特に注目を集めているアスタキサンチンについて、紹介しています。

アスタキサンチンは、天然色素の中でも最も代表的と言われているカロテノイドの1種で、私たちに様々な恩恵をもたらしてくれます。
カロテノイドは、地球上に存在する天然有機化合物の0.1%を占める脂溶性の色素で、身近な食品にも多く含まれています。
その中で、「スーパーカロテノイド」として、密かに研究が続けられていたのがアスタサキンチンです。
アスタキサンチンは、他のカロテノイドと違い海由来の食品に含まれています。

アスタサキンチンの効果。

下記に代表的な効能を紹介します。

1)脳と目の酸化も防ぎます。
脳や目には関門があって、不要な物質は全てそこで侵入を拒まれてしまいます。
これは、抗酸化物質にもいえることで、強力な抗酸化効果で有名な、同じカロテロイドの1種であるβカロテンでさえ、この関門は通れません。
対してアスタキサンチンは、すいすい関門を通過して脳や目を酸化から守ります。

2)脳の健康を守ります。
体内の酸化は、過剰な活性酸素によって起こります。
特に脳は、エネルギー生産が多い為、活性酸素が多く発生してしまいます。
アスタキサンチンは、非常に強力な抗酸化作用によって、脳内の酸化を防ぎ、脳機能の低下を防ぎます。
また、脳梗塞や脳卒中にも活性酸素にも深く関係しており、アスタキサンチンの効果は予防に役立ちます。

3)ストレスに対する力を向上します
精神的ストレスも、多量の活性酸素を生み出してしまいます。
ストレスで胃炎や胃潰瘍が生じるのは、活性酸素が胃壁を攻撃する為ですので、アスタキサンチンの効果によって、活性酸素が抑制・除去されれば、体内のストレスに対する抵抗力も向上すると考えられています。

アスタキサンチンに関するニュースやコラム。

Copyright (C)「 ビタミンナビ」All rights reserved.