DHAで認知症の予防を。

DHA情報に戻る。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、健康的な脳を作る為に重要である事は、周知の事実となっていますが、今回、島根大医学部の研究によって、認知症の予防に効果がある事を実証しました。

[毎日新聞2010年02月03日記事抜粋]

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を毎日食べ続けることで認知症予防に効果があることを、島根大医学部の橋本道男准教授(脂質栄養学)のグループが、高齢者に行った試験で実証した。 65歳以上の健常な高齢者108人(平均年齢73歳)を、二つのグループに分け、一方にDHA850ミリグラム、EPA200ミリグラムを含む魚肉ソーセージ、もう一方にいずれもほとんど含まない魚肉ソーセージを1年間、毎日2本ずつ食べさせた。 一度見た図形を模写するテストや、決められたルールに沿って指を動かすテストを行ったところ、DHA入りを食べていたグループは成績が改善し、短期記憶や運動能力などの機能低下が抑制された。 (おわり)

健康的に長生きする為には、まずは認知症とならない事が大前提です。
いつまでの健やかに生きて行く為の重要な情報となりそうですね。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.