不飽和脂肪酸とは。

EPA情報に戻る。

EPAやDHAなどの脂肪酸は「不飽和脂肪酸」に分類され、牛や豚の脂は「飽和脂肪酸」と呼ばれています。

魚油に含まれるEPAなどの不飽和脂肪酸は、常温でも液体の脂で、コレステロールや中性脂肪を減少させて、血液をサラサラにする効果があります。

牛や豚、乳製品の脂である飽和脂肪酸は、常温では固体の脂で、体内で固まりやすく、血液をドロドロにし、コレステロールや中性脂肪値が上昇します。

また、不飽和脂肪は、「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分れ、EPAは多価不飽和脂肪酸に分類されます。

「一価不飽和脂肪酸」は体内で合成でき、「多価不飽和脂肪酸」は体内で合成できないため、EPAやDHAなどは食品やサプリから摂取する必要があります。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.