コーヒーポリフェノールとは。

ポリフェノールの情報に戻る。

ポリフェノールと言えば、いままで、赤ワインやココアなどが注目されていましたが、実は、コーヒーにもポリフェノールは含まれています。
しかし、コーヒーが「胃に悪い」や「血圧が上がる」などのといった悪いイメージを多く持っていた為、消されていたのです。
また、緑茶に比べて、紅茶や烏龍茶のポリフェノール含有量が少ないのと同様に、炒ったコーヒー豆はポリフェノールの量が減少しまっている為、あまり効果にも期待されていなかったのかもしれません。

そこでネスレは、焙煎していないコーヒーの生豆に豊富に含まれる「コーヒーポリフェノール」に注目して、生豆と焙煎豆をブレンドして抽出するネスレ独自の新技術「コーヒー生豆抽出製法」によって、コーヒーポリフェノールが、従来の「ネスカフェ」の約2倍含まれるコーヒーを誕生させました。

このように、ポリフェノールは様々な食品に含まれていますが、その摂取方法により、ポリフェノールの含有量も変化します。
身近な存在であるコーヒーにもポリフェノールは含まれていますが、通常は含有量が少ないことを知っておきましょう。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.