赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールの情報に戻る。

「赤ワインは健康に良い」とよく聞きますが、これは赤ワインに含まれるポリフェノールの効果によるものです。

赤ワインが世界的に注目を集め出したのは、「フレンチ・パラドックス(フランスの逆説)」と呼ばれる疫学的事実との関連が明らかになってからでした。

フレンチ・パラドックスとは、欧米諸国で高頻度に見られる冠動脈硬化症の死亡率と、高い脂肪摂取率(特に動物性)との間に正の相関が見られているにも関わらず、フランスにおいては、高脂肪摂取の割りに冠動脈硬化症の脂肪率が低いことを言います。

そこで、フランスでは冠動脈硬化症の死亡率が低いのかが調査され、フランス人が愛飲し、世界一の消費量を誇る赤ワインこそが脂肪率の謎をとく鍵であることがわかったのです。

ポリフェノールは、果実や野菜などの植物に必ず含まれている成分ですが、植物によって含んでいる種類と比率は様々なのです。
その中でも赤ワイン(原料としてはブドウ)は群を抜いており、赤ワインに含まれるポリフェノールは、アントシアニン、カテキンなど数十種類と言われています。

Copyright (C)「 栄養素情報。」All rights reserved.